関東エリア

東京から1時間!こんな休日過ごしたい。世界に誇る茨城の“技”と“美”を巡るコース

こんなにも東京の近くに日本の誇る“技”と“美”が。
コースで紹介していますが,どのスポットも東京から1時間程度。茨城県がお薦めするコースをじっくり巡るのもよし,お薦めスポットを半日だけ巡るのもよし。東京の人の多さに疲れたら,田園風景のすぐそばにある日本の“技”と“美”に触れてみませんか?
茨城には世界に誇る伝統工芸品,絶景,歴史遺産,食文化,世界一の大仏まで魅力が満載。今回ご紹介するコースは,このすべてを巡ることができます。
 内緒の話ですが,茨城県のショッピング施設は,東京に負けないほどの品ぞろえ。しかも,東京よりも混んでいないので,ゆっくりじっくりショッピングをしたい方の要望をかなえてくれるタイプの違う3施設も今回のコースに網羅しています。
 どんな日程にも対応できる茨城県。日本の旅を無駄なく過ごすのに,ぜひ茨城にお越しください。

東京から1時間!こんな休日過ごしたい。世界に誇る茨城の“技”と“美”を巡るコース

全体行程 :2泊3日
東京駅
移動時間:約49分

電車電車:約49分

結城駅
移動時間:約10分

徒歩徒歩:約10分

見世蔵めぐりpic
結城紬ミュージアム「つむぎの館」pic
移動時間:約10分

徒歩徒歩:約10分

結城駅
移動時間:約46分

電車電車:約46分

笠間駅
移動時間:約10分

自転車自転車:約10分

笠間ギャラリーロードpic
移動時間:約10分

自転車自転車:約10分

笠間稲荷神社pic
移動時間:約15分

自転車自転車:約15分

春風萬里荘pic
移動時間:約10分

自転車自転車:約10分

笠間駅
移動時間:約27分

電車電車:約27分

黄門料理(水戸駅周辺ほか)pic
inn 水戸市内ホテル泊pic
移動時間:約8分

徒歩徒歩:約8分

弘道館pic
移動時間:約18分

徒歩徒歩:約8分

バスバス:約10分

偕楽園pic
移動時間:約10分

バスバス:約10分

水戸京成百貨店pic
移動時間:約45分

電車電車:約5分

バスバス:約40分

国営ひたち海浜公園pic
移動時間:約74分

バスバス:約40分

電車電車:約24分

バスバス:約10分

inn 大洗ホテルpic
移動時間:約120分

バスバス

電車電車

バスバス

つくば駅
移動時間:約41分

バスバス:約41分

筑波山(ロープウェイ)pic
移動時間:約41分

バスバス:約41分

つくばクレオスクエアpic
移動時間:約40分

バスバス

電車電車

車

牛久大仏pic
移動時間:約5分

バスバス:約5分

あみプレミアム・アウトレットpic
移動時間:約30分

バスバス:約30分

荒川沖駅
移動時間:約60分

電車電車:約60分

東京駅

map open

close

スポット紹介
見世蔵めぐり
結城を代表する建築物である見世蔵は,外壁を土塗り漆喰仕上げで厚く塗り籠めた木造防火建築で,結城では明治初期から大正期にかけて建築されおり,当時の面影を色濃く残しております。
・定休日:なし
・営業時間:建物毎による
・所在地:茨城県結城市大字結城
・費用:無料
・ホームページURL:http://www.city.yuki.lg.jp/page/page000209.html
結城紬ミュージアム「つむぎの館」
結城紬は,2010年ユネスコ無形文化遺産に登録された最高級の絹織物です。この結城紬の展示に加え,日本ながらの日本家屋や蔵の見学もでき,また結城紬の染め織体験可能です。
・定休日:毎週火曜
・営業時間:9:30~17:00
・所在地:茨城県結城市大字結城12-2
・費用:無料(染織体験は有料)
・ホームページURL:http://www.yukitumugi.co.jp/
(英語紹介サイト:http://database.ibarakiguide.jp/db_kanko/?type=en&detail&id=0800000001359
笠間ギャラリーロード
国の伝統的工芸品に指定されている笠間焼。300人に近い陶芸作家や窯元のいる窯業産地である笠間市内で,笠間焼やガラスなどを扱うギャラリー,美味しいランチのカフェレストラン,おそば屋さんなどが集まった笠間ギャラリーロードをレンタサイクルで散策しませんか?緑豊かな自然を背景に笠間焼の工芸体験,個性的なショップめぐりやお散歩途中のティータイム・寛ぎのランチタイムを四季折々の景色の中で楽しめます。
・定休日:ショップ毎による
・営業時間:ショップ毎による
・所在地:茨城県笠間市笠間
・費用:無料
・ホームページURL:http://www.galleryroad.jp/
笠間稲荷神社
宇迦之御魂神:生命の根源を司る「いのち」の根の神として農業,工業,商業,水産業など,あらゆる殖産興業の守護神として人々の生活全てに御神徳を授けてくださる神様が祭られている笠間稲荷神社。日本三大稲荷の一つに数えられています。5月には樹齢400年を超える藤の花が満開となり,10月下旬~11月下旬にかけ日本最古の菊まつりも開催されます。笠間稲荷神社前の門前通り商店街には名物の「笠間いなり寿司」や酒蔵を始め,お土産処が満載です。
・定休日:なし
・営業時間:6時
・所在地:茨城県笠間市笠間1
・費用:無料
・ホームページURL:http://www.kasama.or.jp/index.html
(英語紹介サイト:http://database.ibarakiguide.jp/db_kanko/?type=en&detail&id=0800000000066
春風萬里荘
日本の芸術家「北大路魯山人」が住居としていた茅葺き民家を北鎌倉から笠間へ移築し公開しました。広大な庭園には桜,梅,つつじ,もみじ,花菖蒲などをはじめとする多くの草木が生い茂り,それぞれの趣の花々が一年中咲き誇り,訪れる方の心を和ませます。お薦めは,石庭に面した縁側でいただける抹茶。日本の心に触れる機会になること間違いなしです。
・定休日:毎週月曜
・営業時間:9:30~17:00
・所在地:茨城県笠間市下市毛芸術の村
・費用:600円
・ホームページURL:http://www.nichido-museum.or.jp/shunpu/index.html
黄門料理(水戸駅周辺ほか)
・黄門料理
日本では時代劇「水戸黄門」として有名な水戸徳川家の二代藩主 徳川光圀公(1628~1700)は食に関心が高く,日本で初めてラーメンを食べた人物としても知られています。光圀公は「医食同源」の思想より食を通じた健康に力を入れていたと言われており,実際に,平均寿命が50歳といわれた時代に,73歳という長寿を全うされました。その光圀公が食べたであろう記録を基に,現代人の味覚に合うよう復元した料理が黄門料理です。黄門料理を食べて,皆さまも是非長生きしてください。
・定休日:提供店毎による
・営業時間:提供店毎による
・所在地:茨城県水戸市
・費用:3,150円~(要予約)
・ホームページURL水戸商工会議所:http://mito.inetcci.or.jp/koumon_ryouri/
水戸市内ホテル泊
水戸駅周辺には,たくさんの居酒屋があります。和洋中,茨城ならではの郷土料理を提供するお店もありますので,ぜひお立ち寄りください。(写真は年2回開催される日本最大級の参加店舗数を誇る飲み歩きイベント「水戸バー・バル・バール」の模様です。)
弘道館
近世日本の教育遺産群 藩校教育の拠点として2015年,日本遺産の認定を受けた弘道館。1841年に水戸藩第9代藩主・徳川斉昭公の手により創設された日本最大規模の藩校です。弘道館の館内は,藩校当時の空気感が漂い,一歩入れば,まるで江戸時代にタイムトラベルした気分になります。
・定休日:12/29~12/31
・営業時間:9:30~17:00(2/20~9/30)9:00~16:30(10/1~2/19)
・所在地:茨城県水戸市三の丸1-6-29
・費用:200円
・ホームページURL:http://www.koen.pref.ibaraki.jp/park/kodokan01.html
(英語サイト:http://www.koen.pref.ibaraki.jp/foreign_language/en/index.html
偕楽園
兼六園,後楽園とならぶ日本三名園の一つで,園内約13haには約百品種,三千本の梅が植えられ,水戸の梅まつり(2/20~3/31)には観光客で賑わいます。その他にも四季折々の見所があり,春には桜,書架には深紅のキリシマツツジ,真夏には緑鮮やかな孟宗竹や杉林,秋には可憐な萩の花やモミジが鑑賞出来ます。弘道館を創設した水戸藩第9代藩主・徳川斉昭公により1842年に開園。偕楽の意味は,「領民ととも(偕)に楽しむ」という中国の思想に由来しており,その伝統を受け継ぎ,いまなお三名園のうちで唯一,入園料が無料です。(一部有料施設あり)
・定休日:12/29~31
・営業時間:6:00~19:00(2/20~9/30)7:00~18:00(10/1~2/19)
・所在地:茨城県水戸市見川1-1251
・費用:無料
・ホームページURL:http://www.koen.pref.ibaraki.jp/park/kairakuen01.html
英語サイト:http://www.koen.pref.ibaraki.jp/foreign_language/en/index.html
水戸京成百貨店
茨城県のお土産も多数取りそろえた百貨店。創業は明治41年。100年以上にわたって良質なサービスを提供し続けてきており地域から大きな信頼を寄せられています。百貨店内には世界的に有名な高級ブランド店が入っており,また,免税店となっている店舗も多数あります。
・定休日:なし
・営業時間:10:00~19:30,10:00~21:00(専門店街)10:30~23:00(レストラン街)
・所在地:茨城県水戸市泉町1-6-1
・ホームページURL:http://www.mitokeisei.co.jp/
英語サイト:http://www.mitokeisei.co.jp/foreign/english.html
国営ひたち海浜公園
公園面積約200haにも及ぶ園内には,各所に大規模な花畑があり,春にはスイセン,チューリップ,ネモフィラ,夏にはバラ,ヒマワリ,秋にはコキアやコスモスと四季折々の草花が訪れる人々の目を楽しませてくれます。
 中でも圧巻は春のネモフィラと秋のコキア(ほうき草)。約3.5haもの広大な“みはらしの丘”一面に,450万本の青いネモフィラが広がる光景はまるでファンタジーの世界。死ぬまでに見たい,世界の絶景の一つと数えられています。そして秋は,モフモフとしたコキアが紅葉し,大地を真っ赤に染め上げます。
・定休日:毎週月曜
・営業時間:9:30~17:00(季節により変動あり)
・所在地:茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
・費用:410円
・ホームページURL:http://hitachikaihin.jp/
(英語サイト:http://en.hitachikaihin.jp/
大洗ホテル
旬の食材や郷土の特産などをふんだんに使った料理や,雄大な太平洋を一望できる景観が魅力のホテル。冬の郷土料理「あんこうのどぶ汁」などオリジナリティあふれる創作料理もお楽しみいただけます。
・定休日:なし
・所在地:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6881
・ホームページURL:http://www.oarai-hotel.co.jp/
(英語サイト:http://www.oarai-hotel.co.jp/en/
筑波山(ロープウェイ)
昔から「西の富士,東の筑波」と愛称され,朝夕に山肌の色を変えるところから「紫峰」とも呼ばれている筑波山。日本屈指のパワースポットであり,関東平野で最も高い山としてハイキングスポットとしても有名。ロープウェイから一望できる関東平野は筑波山の最大の魅力の一つです。毎年9月から2月の間,ロープウェイは夜間営業を行い,筑波山からの夜景を楽しむスターダストクルージングが開催されます。
・定休日:なし
・営業時間:9時~18時頃(時期により異なる)
・所在地:茨城県つくば市筑波1
・費用:片道620円・往復1,100円
・ホームページURL:http://www.mt-tsukuba.com/
(英語紹介サイト:
http://database.ibarakiguide.jp/db_kanko/?type=en&detail&id=0800000000010
つくばクレオスクエア
西武百貨店等が入る複合型ショッピングセンター。毎日を楽しく,豊かに,美しく過ごすためのライフスタイルを提案するQ't [キュート] 。ワンランク上の上質な大人のライフスタイルを提案するCREO [クレオ] 。今日を元気に過ごすために,おいしさと美しさをひとつにしたMOG [モグ]。これら3つの施設で構成される。つくば市内の物産品の中でも,特に優れた物産品として市が認証した製品「つくばコレクション」も取り扱っています。また免税店も多数あります。
・営業時間:10:00~20:00,11:00~22:00(レストラン街)
・所在地:茨城県つくば市吾妻1-6-1
・ホームページURL:http://www.creo-sq.com/index.html
牛久大仏
ギネスブック公認の世界最大の大仏・牛久大仏がある。牛久大仏は,高さ120mを誇り,手のひらに奈良の大仏が乗るほどの大きさ。胎内にはいることもでき,胎内85メートルに位置する5階からは,天気の良い日には東京スカイツリーまで眺望できます。最近は,外国人観光客も多く,アジアの仏教国の観光客は敬虔の念を抱いて牛久大仏を拝んでいます。また,西洋圏の観光客はその巨大さを目の当たりにして,東洋の神秘を感じるそうです。
・営業時間:9:30~17:00(3~9月)9:30~16:30(10~2月)
・所在地:茨城県牛久市久野町2083
・費用:800円(但し12~3月は700円)
・アクセス:牛久駅よりバスで約20分
・ホームページURL:http://daibutu.net/index.html
(英語紹介サイト:http://database.ibarakiguide.jp/db_kanko/?type=en&detail&id=0800000000062
あみプレミアム・アウトレット
アメリカ西海岸をイメージした建物に,国内外の著名ブランド約150店舗が勢揃い。
毎日お得なアウトレットプライスで買い物を楽しめます。免税店も多数あります。ショッピングエリアに加えて,和洋中さまざまな名店が揃っている飲食エリアも人気。関東初出店や日本唯一のショップ,地元のお寿司屋さんなどもここならではの楽しみの一つです。
・定休日:2月第3木曜
・営業時間:10:00~20:00
・所在地:茨城県稲敷郡阿見町よしわら4-1-1
・ホームページURL:http://www.premiumoutlets.co.jp/ami/
(英語サイト:http://www.premiumoutlets.co.jp/en/