北陸信越・中部エリア

古代ロマンと最新アウトレットを満喫旅

世界三大恐竜博物館の1つ福井県立恐竜博物館、1000万年以上も日本海の荒波に浸食されてできた奇岩が連なる東尋坊、伝統的な町並みや伝統工芸を楽しみながら、日本最大の湖「琵琶湖」を巡るコース。恐竜博物館へのアクセス途中で、永平寺にも立ち寄れる。

古代ロマンと最新アウトレットを満喫旅

全体行程 :2泊3日
小松空港
移動時間:約90分

電車電車:約90分

アウトレットパーク北陸小矢部pic
北陸初の本格アウトレットモール。2015年7月開業。
移動時間:約90分

電車電車

バスバス

福井県恐竜博物館pic
40体以上の全身骨格や復元模型、化石が展示。発掘体験も楽しめる。
移動時間:約30分

電車電車:約30分

東尋坊pic
足がすくむほどの高さの断崖絶壁に日本海の荒波が打ち寄せる。
移動時間:約30分

電車電車:約30分

inn あわら温泉pic
あわら温泉
移動時間:約90分

電車電車:約90分

黒壁スクエアpic
観光スポットの中心地。お土産屋など多くのお店が集まる賑やかな街。
移動時間:約90分

電車電車:約90分

養老の滝pic
滝の水がお酒に変わったという伝説を秘めた名瀑。
移動時間:約90分

電車電車:約90分

和紙とうだつのまち美濃市(岐阜県美濃市)pic
重要伝統的建造物群保存地区にしてされた街並みは昔の面影をとどめている。
移動時間:約75分

電車電車:約75分

inn 岐阜市内pic
天下統一を目指す織田信長はこの地を足がかりとした。
名古屋都心部pic
昇龍道エリア最大の都市。古き日本と新しい日本が混在する。
移動時間:約60分

電車電車:約60分

セントレア「中部国際空港」pic
買い忘れたお土産はここで買いましょう。

map open

close

スポット紹介
アウトレットパーク北陸小矢部
昇龍道の北の玄関となる小松空港より1時間とアクセスの良さが魅力の「アウトレットパーク北陸小矢部」は、北陸地方初の本格アウトレットモール。
・定休日:月毎にホームページに掲載
・営業時間:ショップ:10時~20時・レストラン:11時~21時・フードコート10時30分~20時
・所在地:富山県小矢部市西中野972-1
・電話番号:0766-78-3100
・費用等:入場無料
・ホームページURL:http://www.31op.com/oyabe/
福井県恐竜博物館
国内最大級の博物館で、世界三大恐竜博物館のひとつ。40体以上の恐竜骨格をはじめ、大型復元ジオラマや映像が楽しめる。
・休館日:第2・4水曜日(祝日の時は翌日が休館、夏休み期間は無休)・年末年始(12/29~1/2)
・開館時間:9時~17時(入館は16時30分まで)
・所在地:福井県勝山市村岡町寺尾51-11かつやま恐竜の森内
・電話番号:0779-88-0001
・観覧料:【個人】小・中学生260円、高・大学生410円、一般720円、【団体】小・中学生210円、高・大学生310円、一般620円、【年間パスポート】小・中学生770円、高・大学生1,230円、一般2,060円、
・ホームページURL:http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/
東尋坊
あわら温泉
黒壁スクエア
伝統的建造物群を生かしたレトロモダンな町並み。江戸時代から明治時代の古建築を活かしたガラスショップ、ギャラリー、ガラス工房、体験教室、レストラン、カフェ等が集積。
・定休日・営業時間:季節により変更(ホームページに掲載)
・ホームページURL:http://www.kurokabe.co.jp/
養老の滝
和紙とうだつのまち美濃市(岐阜県美濃市)
 正倉院所蔵の戸籍に始まる美濃和紙は1300年の紙漉きの歴史を今に伝える。屋根の両端にある防火壁「うだつ」が残る江戸時代からの歴史的景観は「伝統的建造物群保存地区」に選定されている。
・ホームページURL:http://www.minokanko.com/
岐阜市内
名古屋都心部
セントレア「中部国際空港」
 昇龍道のゲートウェイとなるセントレア。日本の宿場をイメージした「ちょうちん横町」、「レンガ通り」、「セントレアオフィシャルショップ」など多くの店舗があり、ショッピングを楽しむことができるエリアがある。
常滑市街地では、常滑焼の窯元見学や、やきもの散歩道の散策ができる。
 ・ホームページURL:http://www.centrair.jp/enjoy/shop/